イベント情報

      社会福祉施設でマグロの解体ショーに協賛                  

社会福祉施設岳陽会が3月27日に富士市にある2ヵ所の特別養護老人ホームで㈱角山生鮮食品センターの渡邉店長の協力のもとに行われました。          重さ12.5kg 全長約50㎝の仕入れたばかりの2匹のキハダマグロを刃渡りが長い専用の包丁を使い頭部を豪快に切り落とすと利用者の皆様から盛大な拍手が送られた。続いて各部位ごとに切り分け「柵取り」で無駄の無い見事な包丁さばきを披露し大トロ、中トロ、赤身、テールなど部位ごとに肉質や味など説明又店長おすすめの中落ち、背骨の近くにある肉は、味が濃くて美味しいなど分かりやすく話しました。               施設利用者の皆さんは、魚が好きな方が多いのですが体が不自由で外食がままならない為この 解体ショーを楽しみ新鮮なマグロを寿司種にして利用者に振舞った。                                     写真は、富士ニュース様より提供